1 :世界@名無史さん 2018/03/18(日) 19:12:59.66
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

これまでは歴史学者から本気にされてこなかったが、
最新の知見をもってすれば説明できるのさ歴史上のあれこれ!
2 :世界@名無史さん 2018/03/18(日) 20:10:53.24
じゃまず紅海を割ったやつから
3 :世界@名無史さん 2018/03/19(月) 02:54:10.39
>>2
ぜんぜん新しい説じゃないけど、
モーセは地中海側のシルボニス湖の砂州を通ったという説が昔からあるね。

最近では聖書の記述「一晩中強い東風が吹いて海水を押し分け、陸地に変えた」を
コンピュータシミュレーションしたこれかな。これも地中海側の干潟であるタニス湖を
事件現場に想定している。
http://tocana.jp/2014/12/post_5368_entry.html
4 :世界@名無史さん 2018/03/19(月) 11:54:33.33
サガはインチキフィクション

ヴィンランド発見
グリーンランドの定住跡
 ↓
史実性が高い
5 :世界@名無史さん 2018/03/20(火) 01:17:03.38
サガに登場するビャルマランド(Bjarmaland)も
ヴァイキングの北極海進出を反映しているとされ
今日のロシアのアルハンゲリスク付近だろうと言われるが
もっと決め手になる遺跡とか見つからないものだろうか
6 :世界@名無史さん 2018/03/20(火) 01:26:19.60
そういうので有名なとこなら
トロイ遺跡とか始皇帝の墓とかか
記述通り、イノシシの牙の兜が出てきたり、水銀の湖の跡があったり
まあ別に不思議な話ではないか
8 :世界@名無史さん 2018/03/20(火) 08:03:14.80
カナダのヴァイキングの遺跡

1960年ランス・オ・メドー遺跡発見
2012年バフィン島で遺跡発見
2015年ポイント・ローズで遺跡発見

どんどん増えるよ
9 :世界@名無史さん 2018/03/20(火) 22:40:23.93
アメリカ・インディアンの伝承に出てくる「白い巨人」というのは、
もしかするとヴァイキングだったりするのかな。
10 :世界@名無史さん 2018/03/21(水) 03:31:18.91
結構来てたらしいしな
12 :世界@名無史さん 2018/03/21(水) 18:29:14.17
高身長といえば、孔子さまが身長2メートル以上の巨人という件(孔子長九尺有六寸)

聖人の偉大さを強調する作り話かと思ってたが、
去年、山東省で「巨人の村」の墓跡が発掘されたというニュースが。
https://www.rt.com/viral/395247-chinese-giants-discovered-archaeologists/
孔子が生まれた魯国も山東省。
82 :世界@名無史さん 2018/12/08(土) 02:40:40.68
>>12
殷周の時代の尺は手の指をいっぱいに伸ばしたときの親指の先から人差指もしくは中指の先の幅のことで、大体16〜18センチくらい。
「尺」の字からして、上から手を当てて長さを測ってる様子の象形文字、上の四角が掌、下の2つの払いの画か2本の指だよ。
九尺有六寸だと、154〜173センチくらいなので、そんなに大男でもないな。
13 :世界@名無史さん 2018/03/21(水) 21:38:30.01
呂布も太公望の呂氏なら先祖は山東だよな
14 :世界@名無史さん 2018/03/22(木) 21:00:59.42
だいぶ形質が薄まってはいるのだろうが、現代でも山東省出身者は
大柄なことで有名らしい。
15 :世界@名無史さん 2018/03/23(金) 20:44:37.81
沖縄のあたりの島に伝わる巨人伝説と関連性は?
16 :世界@名無史さん 2018/03/23(金) 22:48:06.82
白人説がある孫権の孫氏も山東
20 :世界@名無史さん 2018/03/25(日) 22:11:09.36
パタゴニアの巨人も
南米で発掘された巨人の骨と結び付けて考えられる
21 :世界@名無史さん 2018/03/29(木) 21:40:15.42
ギリシャ神話の一つ目巨人サイクロプスとか
こんな頭骨を目の当りにしたら、誰だって一つ目巨人としか思えんわな
https://www.youtube.com/watch?v=lLgYrbDfMPs&feature=youtu.be
23 :世界@名無史さん 2018/04/11(水) 16:44:22.53
象の鼻の穴が目っぽいのでサイクロプスの元ねた説は昔からあるよね
24 :世界@名無史さん 2018/04/12(木) 00:12:17.82
ハンス・バウマンの「ハンニバルの象使い」にそのまんまのエピソードがあるな
26 :世界@名無史さん 2018/04/12(木) 00:34:20.15
>>24
wwwww
中一で読んだwやはり歴オタの読書歴はかぶるな
25 :世界@名無史さん 2018/04/12(木) 00:19:34.99
古代中国の人物描写

王莽 赤目
孫権 青目
劉備 立って手が膝まで達する
27 :世界@名無史さん 2018/04/16(月) 20:31:00.22
世界中に分布する「竜」の伝説。その起源として竜巻や稲妻などの自然現象が考えられてきたが
最近話題の高高度大気発光現象「スティーブ」という可能性はないだろうか。
http://karapaia.com/archives/52240945.html
29 :世界@名無史さん 2018/04/23(月) 07:34:10.01
ヘロドトスが記す【エジプトの地下巨大迷宮】発見か?
https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_54197/

「ギリシア人の手に成る城壁やさまざまな建造物をことごとく集めても、
この迷宮に比べれば、それに要した労力といい費用といい、とても及ばぬ
ことは明らかである」
48 :ウムウル 2018/09/16(日) 02:11:56.60
>>29

そういえばこんなスレがありました、、、


【考古学】ミノタウロスの迷宮、実在せず=米大研究者が最新調査で「結論」 ギリシャのクノッソス宮殿遺跡発掘調査[09/04]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1536030939/1

1 名前:しじみ ★[sage] 投稿日:2018/09/04(火) 12:15:39.26 ID:CAP_USER
【ロンドン時事】
ギリシャ神話で牛頭人身の怪物ミノタウロスが閉じ込められたとされる迷宮は、実在しない−。
米大研究者が最新調査でこう結論付け、米考古学専門誌に論文が掲載された。英紙タイムズがこのほど報じた。

(略)


■ギリシャのクノッソス宮殿遺跡
https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0180904at15_p.jpg

時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018090400109&g=int
31 :世界@名無史さん 2018/05/02(水) 07:51:03.21
逆に、アイヌの伝説に登場するコロボックルは、本土人のことだろう。
本土人はアイヌ人よりも背が低かったから。
33 :世界@名無史さん 2018/05/03(木) 03:01:39.19
>>31
コロポックルは千島アイヌのことだと決着がついてるから
32 :世界@名無史さん 2018/05/03(木) 02:46:40.65
竜の発展は川→蛇→かっこつけで竜で疑う必要もなさそうだが
35 :世界@名無史さん 2018/05/04(金) 11:51:01.93
コロボックルは蕗の下のひとって意味だが、ラワンブキを見るとコロボックル=小人ではないだろうと思うぞW
39 :世界@名無史さん 2018/06/20(水) 23:48:47.46
『先史学者プラトン』メアリー・セットガスト 著
・・・という本が最近出て、アトランティス大陸の実在を論証しているらしい。
どこまで論証になっているかは、読んでないので何とも言えないが。
41 :世界@名無史さん 2018/08/04(土) 07:02:49.67
司馬懿の頭が180度回転したという「狼顧の相」は長年作り話だと思われてたけど
いまでは「首 180度 回転」でネット検索すると世界中にお仲間がいることがわかる。
42 :世界@名無史さん 2018/08/05(日) 21:06:12.26
中国の偉人に異形描写はつきものだけど
その特徴や特技ってなんか箔が付いたりするの?
ってレベルのものばっかり
50 :ウムウル 2018/10/06(土) 19:34:42.50
男女平等のせいか理解に苦しむ流れが発生、、、


【考古学】〈画像〉8歳少女、湖で古代の剣発見 「スウェーデンの女王」の呼び声も[10/06]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1538806395/1

1 名前:しじみ ★[sage] 投稿日:2018/10/06(土) 15:13:15.92 ID:CAP_USER
(CNN) スウェーデンの湖でこの夏、8歳の少女がバイキング以前の時代の古い剣を発見した。
地元住民の間では、アーサー王伝説に登場する剣「エクスカリバー」の言い伝えにちなみ、
少女を「スウェーデンの女王」と呼ぶ声も出ている。

(中略)




CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35126653.html
53 :世界@名無史さん 2018/10/22(月) 01:07:09.96
ではもし日本で古墳時代の剣を拾ったらその人は日本の王か?
65 :ウムウル 2018/10/25(木) 00:30:51.46
>>53
日本は世知辛い国なので
王様の印を拾っても
百姓のままだったかと思います、、、
60 :世界@名無史さん 2018/10/23(火) 22:09:46.06
太陽が止まったとかあったっけ
ベツレヘムの星とは何のことだとか
66 :ウムウル 2018/10/25(木) 00:57:14.37
>>60
ベツレヘムの星(八芒星)にはなかなかの系譜がありますね
初めはどこからもってきたんだろう、、、


星型八面体

星型の胞を利用したアルファベット表記ではBである。
ドイツの数学者、ヨハネス・ケプラーが発見した立体で、最初に発見された星型多面体と言われている。
三次元のデルタの星(星型六角形、ダビデの星)ともいえる。
これは、正八面体から作ったダ・ヴィンチの星と同じ外観をしている。
61 :ウムウル 2018/10/23(火) 22:28:24.62
東方の三博士が
いつのまにか3人になってるとかですかね

リアルが修正される侵食もありえますww
62 :世界@名無史さん 2018/10/24(水) 07:41:24.97
3という数字は宗教的にすわりがいいしね
新しい星を見てベツレヘムに来たというから、
三博士のほうはオリオンの真ん中の三ツ星かも知れない
すでに存在していた権威の象徴として新星を祝福したという
67 :世界@名無史さん 2018/10/27(土) 23:58:59.88
1979年ヴェラ事件

米国の人工衛星ヴェラが大規模な閃光を観測。
南アの核実験説などがあるが原因は不明。
106 :ウムウル 2019/03/31(日) 02:21:30.64
>>67>>63

165年に衆人環視の元で
世界の概念を修正するほどの
実験が行われたらしいです、、、

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/5c/Magdeburg.jpg/1024px-Magdeburg.jpg
107 :ウムウル 2019/03/31(日) 02:29:25.53
>>106
1654年です。
115 :世界@名無史さん 2019/08/14(水) 00:52:57.03
>>67
当時は地球の大気上層で自然発生するガンマ線フラッシュが知られていなかったからね。
1994年になってNASAのコンプトンガンマ線観測衛星が偶然見つけた。
68 :世界@名無史さん 2018/11/07(水) 20:31:13.45
ベツレヘムの星、ウィキに
>この星はマタイによる福音書の筆者によって作られたフィクションではないかと考える学者も少なくない。
やはりフィクションだろうな。意味わからんし
69 :ウムウル 2018/11/07(水) 21:23:26.61
巨人の星ってどこにあるんだろうか、、、
116 :世界@名無史さん 2019/11/04(月) 13:49:39.10
>>69
18世紀中ごろ、ヴォルテールの中の人が書いた『ミクロメガス』には
身長60kmのシリウス星人と、身長2kmの土星人が登場します。
シリウス星人から見れば土星人はちっぽけな小人ですが
それでもマクロスよりデカイww
80 :世界@名無史さん 2018/11/28(水) 15:59:55.82
世界まる見えでモーゼの海割りはホントだったとかやってたな。
なんか地名を古代語だかで調べるとあっちのほうだってんでそこなら渡れるんだっけ。
火山の噴火が影響したとかいってたしな。
夜が3日続いたのは噴煙の成果って思ったな。
長男長女が死ぬ病気が流行ったってのは生贄に捧げたのではとか言ってたな
109 :世界@名無史さん 2019/03/31(日) 22:40:43.40
三博士が東方から来たなら当時エデンがあると思われた東のはて、ジパングだったならば三つの鳥居

なども考えればこれが三鳥居、サントリーといったところか